スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洞窟 ザミャーチン(1844―1937)

ザミャーチン

  洞窟

 ザミャーチン(1844―1937)

静かだ。不死の、苦い、優しい、黄色い、白い、薄い青のことば、ことばを無頓着にむさぼり食いながら――鋳物の神は静かにごろごろとのどを鳴らしていた。そしてマーシャはお茶でももらうのと同じようにあっさりと――
「マルト! マルト、わたしにください!」
 マルチーン・マルチーヌィチは遠くのほうからほほえんだ――
「だがねマーシャ、お前だって知ってるだろう。そこには一人前しかないんだ」
「マルト、だって私はもういないも同然なのよ。これはもうわたしじゃないの――どうせわたしは……マルト、わかってくださる、マルト!」
 ああ、これが――あの声だ……もし頭を上にそらせたら……
「マーシャ、ぼくはお前をだましたんだ。家の書斎にはね、薪なんでない、それにぼくはオビヨールトゥイシェフの所へ行って、そこの戸と戸の間に……ぼくは盗んだんだ――わかるかい? それでセーリホフはぼくに……ぼくはすぐに戻しに行かなきゃならないんだが――ぼくは全部もやしてしまった、もやしてしまったんだ――全部!」
 鋳物の神は無頓着にまどろんでいる。消えて行きながら洞窟の丸天井はかすかに身震いしている。家々も、岩も、マンモスも、マーシャもかすかに身震いしている。
「マルト、もしあなたがまだ私を愛しているのなら……ねえ、マルト、ねえ思いだして! マルトったら!」
 不死の木の小馬、辻音楽師、氷の塊り。そしてこの声……マルチーン・マルチーヌィチはゆっくりと膝を起した。ゆっくりと、やっと巻揚げろくろを回しながら、机から青い小瓶を取ってマーシャに渡した。
 彼女は毛布をはらいのけて、あの時の夕日を受けた水のように、赤い、素早い、不死のものとなって、寝台の上にすわり、小瓶をつかんで笑った。
「ねえごらんなさい。わたしが寝ながらここから出て行くことを考えていたのは無駄じゃありませんでしたわ。もう一つ電気をつけて――その机の上の。そう。今度は何かもっとストーブに入れて」
 マルチーン・マルチーヌィチは見もせずに、紙を机から幾枚か、かき出してきてストーブに投げ入れた。
「それでは……少し散歩に行ってらっしゃい。たぶん月が出てるわ――わたしの月が。おぼえている? 忘れないで鍵をもって行って。さもないとぱたんとしめてしまうと、開けることが――」

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

土(「ダブリン市民」より) ジョイス(1882―1941)

ジョイス

   土(「ダブリン市民」より)

 ジョイス(1882―1941)

マライアの嬉しさといったら! 彼女は小さな寝室にはいり、明日の朝ミサがあるのを思いだして、目覚し時計の針を七時から六時に変えた。それから仕事着のスカートと室内用の深靴をぬぎ、いちばん上等なスカートをベッドにひろげ、小さなよそゆきの深靴をベッドの脚もとにおいた。ブラウスも着がえた。彼女は鏡のまえに立って、若い娘の頃、日曜日の朝のミサにはいつもよそゆきを着たのを思い、かつてはよく着飾った、ちいさな体を古風な愛情をこめてながめた。年はとったけれど、好ましくて、きれいで、こじんまりした体だ。
 外に出ると、通りは雨に光っていた。古い茶色の雨外套を持っていたのが嬉しかった。電車は満員だったので、車の端のちいさな丸椅子に、乗客とむかいあって、爪先がどうやら床にとどくかっこうで坐らねばならなかった。彼女は心のなかでこれからの買物の段取りをきめ、人の世話にならずに自分で使えるお金を持っているほうがずっといいと思った。楽しい夜になるといいけれど。それは楽しい夜に成るにきまっている。でも、アルフィーとジョウが仲たがいしたのは、ほんとに残念だったと思わずにいられない。いまはしょっちゅう喧嘩しているけれど、いっしょにいた子供のころは大の仲よしだったのに。でも人生ってそんなものだわ。

マライアは真赤になり、ちいさな、ふるえる声でうたいだした。彼女は《夢に見き》をうたった。第二節にくると、また繰りかえした。

  夢に見き、大理石の館にありて、
   家臣奴婢、かたわらにひかえいぬ。
  わが身こそ、館につどう人々の
   望みのしるし、誇りのしるし。

  数うるにいとまなき富を持ちにき、
   気高くもふるびし名を誇りき。
  されどまた、わが心限りなく慰みぬ、
   夢にてもなれのまこと変りなければ。

 でも、まちがいを口にするものはいなかった。彼女がうたいおわると、ジョウは心から感動した。だれがなんと言おうと、昔ほどいい時代はなかったし、いまは亡き、なつかしいバルフ(十九世紀ダブリンのオペラ作曲家)にまさる音楽もない、と彼は言った。彼の眼はすっかり涙にくもって、探しているものを見つけられなかった。しまいには、栓ぬきはどこにあるのか教えてくれ、と妻にたずねなければならなかった。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

水盤のばら

リルケ


水盤のばら
 
ライナー・マリーア・リルケ(1875―1926)

音もないいのち、はてしなく咲き続くこと、
あたりの物たちが狭くする空間からは、
少しの余地も奪わずに、空間を使うこと、
蔵われたもののように、ほとんど輪郭をもたず、
内部だけでできたもの、
はなはだ奇異な繊細なもの、
そしてみずからの光にみちたもの、――ふちまで光にみちたもの。
これに似たものを何かわれわれは知っていようか?

そしてまたこのようなこと、花びらと花びらがふれあうために、ある感情がうまれることを?

見よ恍惚としてひらくあの白ばらを、
それが、貝がらのなかにまっすぐに立つヴィーナスのように、

ばらたちにとって成れないものがあろうか。うつろにひらかれているあの黄のばらは、

そしてどのばらも、結局は自分だけを内におさめているのではないか?
自分を内に持つということが、外の世界を、
そして風や雨、春の忍耐づよさ、
負い目と不安、仮装した運命、
夕べの大地の暗さ、
曇の変幻と逃亡とほのかな兆し、

さらには、はるかな星の漠とした影響にいたるまでを
ひとにぎりの内部に変えてしまうことを指すのであれば。

いまひらかれたばらのなかに、その内部はうれいもなくよこたわっている。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

サント=ブーヴに反論する

プルースト
    

サント=ブーヴに反論する。

プルースト(1871―1922)

芸術が私にとってどんなものでありえたかということを、サント=ブーヴについて語りつつ、

氏は精神史のなかに、博物誌の手法を導入した。文芸植物学とでも言うべき方法の、

しかし、芸術にあっては、(少なくとも科学的な意味での)先達も先駆者もいない。一切は個人のうちにあり、その各個人が、芸術や文学の試みを、独力で、最初からやりなおすほかはないのだ。

わが身の深部まで降りて、自分の中にもう一つの自我を再創造してみるほか、

氏は、仕事と会話との間に、どんな境界線も引こうとしなかった、「書くことーー」

芸術家たちは、ある神に帰依して次第に離教しがたくなり、やがてもっぱらその神の栄光を讃えるために生涯を献げつくし、

詩人の魂というこの特異な、閉ざされた、外部との交渉を欠く世界、

「月曜閑談」という題名からして、氏にとって、この仕事が、一週間の、熱っぽくも楽しみに充ちた作業にちがいなく、月曜の朝の栄光に輝く目覚めの元になった。

新聞記事の美とは、読者大衆からこそ最終的な表現を汲むものである以上(選りすぐりの大衆であったとしても同じこと)その表現には幾分か通俗的なところがあり、あれこれの読者の、声なき賛同を思い描きつつ、言葉と思索の釣合いを取りながら、他人の協力を得つつ書かれるもの。もっぱら世間を悦ばすため、後世のことは余り当てにしないで書かれたもの。

氏の書物は、さまざまな対談相手を招いての一連の社交場、しかし、詩には、汚れなき愛を歌い、大都会の果てようとする午後の寂寥を、読書の感動を、又、信仰に入りきれない老年の憂愁を歌おうと刻苦しつつ、時には良き成果を上げた。あの厖大な批評作品と、わずかばかりの詩句、それは秤の上で永遠と拮抗させてくれる。

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

mitosya

Author:mitosya
個人誌「未踏」へようこそ!
http://www.mitosya.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。