スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョルブの帰還(加藤光也 訳)

ナボコフ

  チョルブの帰還(加藤光也 訳)

   ナボコフ(1899―1977)

 彼は新婚旅行中に彼らが二人で訪れた場所を、すべて逆に辿っていった。二人が冬を越したスイスでは、いま林檎の木が最後の花をつけていたけれども、ホテルしか眼に入らなかった。前年の秋、二人がハイキングをした黒い森では、春の肌寒ささえ記憶の邪魔にはらならかった。彼はいまや、ちょうど南国の浜辺で、妻が最後の夕べの散策のおりにたまたま彼に見せた、細くて白い縞のまっすぐに入った、あの丸くて黒い独特の小石をもう一度見つけようとしたのと同じように、彼女の感嘆符の思い出が残る道端のあらゆる事物を捜し出そうと懸命だった。崖の特異な輪郭、銀灰色の鱗が層をなしていた小屋の屋根、白い急流の上の黒いモミの木と、そこにかかる人道橋。それからいわば未来を予示していたと考えたくもなるような、霧の滴が数珠つなぎになった二本の電信線のあいだにかかる。
放射状の蜘蛛の巣の網のようなもの。あの時には妻が一緒だった。彼女の小さなブーツは忙しく歩をきざみ、彼女の両手は決して止まることなく動きつづけた――藪から葉っぱを引抜こうとしたり、通りすがりに岩壁をなでたりしていた――休むことを知らぬ、あの快活で楽しげな両手。彼は黒っぽいそばかすだらけの小さな妻の顔や、大きな瞳を思い浮かべた。薄緑色のその瞳は、海の波に洗われてなめらかになった、ガラスのかけらのような色をしていた。もし、二人が一緒に眼にとめた小さな品々をすべて集めることができれば――もし、そのようにしてごく近い過去を再創造できれば――妻のイメージは不滅のものとなり、永遠に彼女のかわりとなるだろう、と彼は思った。
 
樫の木と栗の木が歩道にそって並び、それらの黒い樹皮は腐敗病の緑のビロードに覆われていた。ときおり葉がちぎれて、包装紙の切れはしのように、道を横切って飛んで行った。彼女は子供用のシャベルで、飛んでいく葉を捕えようとした。シャベルは、道が工事中の場所で、ピンク色のレンガの山の近くに見つけたものだった。少し離れたところで、労働者の箱型トラックの円筒から青灰色の煙が流れ、ななめに漂って木の枝のあいだに消えていった。――休憩中の労働者は片手を腰にあて、かかげた手に小さなシャベルを持った若い婦人が、枯葉のように身軽に舞う姿をじっと見つめていた。彼女は跳びはね、笑い声をあげた。チョルブは少し背を丸め、彼女の後から歩いていった。――幸福とはまさしくこのような匂い、枯葉のような匂いがするものだ、と思われたものだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mitosya

Author:mitosya
個人誌「未踏」へようこそ!
http://www.mitosya.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。